4614946b.jpg僕が所属している勉強会で記念誌が発行されました。

しかし出来上がってから見てみると誤字脱字が噴出。結局刷り直しということになりました。僕は直接の担当では無かったものの、メンバーの一員ですので多少なりとも責任を感じる次第です。

この「刷り直し」ってのは心臓に悪いですね。特に“川上の仕事”がメインのウチとしては。

「印刷屋のもうけは1回全部刷り直しして丁度イイくらい」とか言われてた時代があったとか無かったとか。しかし今ウチの仕事で刷り直しになったら、マイナスの回収にどれだけかかることやら。余程慎重に仕事しないといけません。

校正時にはどれだけ見ても見つからなかったミスが、納品時にパッと見つけちゃうのは印刷業界の七不思議。
そんなミステリーに出くわさないよう、何度もしっかり校正する毎日です。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です