地元の名士が亡くなり、通夜に行きました。

この方はウチの父が大変お世話になっている方で、会社としてもお取引があり、僕個人もボーイスカウト時代にとてもお世話になりました。93歳といいますから大往生でいらっしゃったと思います。

この方の孫が僕の同級生なので今日久しぶり(15年ぶりくらい)に話しました。彼によると、祖父が亡くなって悲しいながら、どこか“長い間お疲れさま”といった感じがあるそうです。おそらく多くの方が、そう思っているかも知れません。
ご冥福をお祈りします。

それにしても。

人生は長いようで短く、儚いですね。
葬儀などで「死」と向かい合うたび、考えます。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

大往生” に対して2件のコメントがあります。

  1. 弟子 より:

    そうですね、それが身近な存在であればあるほど・・・

  2. たきちゃん より:

    儚いです。生き方を律するきっかけになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です