0dc17090.jpgカラーコピーで印刷したものの白地を何気なくルーペで見ていたら。

あ!黄色いドットがついてる!」
肉眼では分からないほど薄い黄色い点々が確認されました。よく見たらアレにもコレにも全部ついています。
ヨゴレでしょうか?

…?
そう言えば以前何かで聞いたような…。

高画質のカラーコピー機は、紙幣の複写を防止するため隠しコードを印字しなくてはならないとか。それがこの黄色いドットみたい。かなり前からそういう仕様のようです。

この目では見えない黄色いドットを調べることで、どの会社のコピーで刷ったか分かるのかな?紙幣コピーの犯罪防止仕様が、印刷会社の特定材料となったりして。
高価なオンデマンド印刷機なんかもそういう仕様なのかな?

★それもこれもコピー機の性能が良すぎるのが原因。
便利すぎて起こる問題。
最近の社会ってそんなのが多い気がします。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です