昨日の東京にて。

○森美術館では入り口で借りた音声ガイド端末を聴きながら作品を鑑賞しました。鑑賞ポイント毎に番号がふってあり、端末のボタンを押すことで案内が流れるというものです。

クリアな音声と心地よいBGM&効果音。掲示してある説明文を読むよりはるかに分かりやすく快適でした。

惜しむらくは端末が大きいこと。でもすぐに小型化できるでしょうね。

2007-08-27-02○一方の東京ミッドタウンのユビキタスアートツアー。
ユビキタスシステムを使った日本初のアートツアーということで、楽しみにして行きました。

しかしこの端末のタッチペンの反応が悪く、また片耳ヘッドフォンは聴き取りにくいものでした。画面は屋外ではほとんど見えず、ナビゲーションも遅いので正しい場所に行ってるのかどうか不安でした。別でもらったA4の案内図が無いと分からないくらい?これからに期待のシステムでした。

2007-08-27-02(まるで何かの調査のようにじっと立ち止まり端末に苦戦する男がひとり…)

○シンプルで安定した反応の森美術館の端末は快適。
精密(だから気をつけてと係りの人に言われた)&複雑な東京ミッドタウンの端末はイマイチ。

使う場所や求めるサービスが違うから同等に比較してはダメなんでしょうけど。
スゴイ機能があるほうが素晴らしいって事じゃ無いようです。

シンプルで安定しているのがイイのはビジネスでも同じか…。
複雑怪奇になった仕事の形をシンプルに。ちゃんと実践しないと。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です