先日、ある“お店”に、そこで昨年買った“品物”について問い合わせをしました。

その“品物”は毎年買い換えする習わしとなっているものですが、事情により買い換え出来ずにいたものです。それをどのように処置したらよいかの問い合わせでした。

ところが、その“お店”の対応は信じられないもので、「ウチは無関係だからヨソに聞け」と言わんばかりの口調でつっかえされました。正直何かの間違いかな?と思うくらいでした。

この“お店”もお客さんが来てナンボのサービス業なんだから、もう少し普通の対応が出来ないものかと思います。絶対的な評判があるから、お客さんのためという感覚が無くなっているのでしょうか。ちょっとガッカリ。

ここでいう“お店”と“品物”が何かは、又の機会に…。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です