e19a5fc4.jpgあるお客さんとの打ち合わせで。

このお客さんの業種は言えませんが、過去3年程の月ごとの契約者数一覧をチラ見させてもらいました。契約者数=売り上げ高なので極めてリアルでシビアな数字です。

ちょっとびっくりだったのが、ライバル他社の数字までもがキッチリ出ているところ。ライバルの経営状況が分かってしまうなんて凄いなと思いました。そういう業界なんですかね。

さて。

この一覧表を見るとチラシを出して数字が上がった月もあれば、チラシ出しても効果が薄かった時など、様々です。タイミングや社会の動きも微妙に関係するでしょうけど、チラシ作る側としては、効果あったよ!と言ってもらえるのが至福の喜びであり、ノーリアクションだった…と言われると穴を掘って埋まりたくなります。

チラシとは効果が無ければ意味がありません。
「たきちゃんに頼むチラシって、作りはフツーだけど効果は抜群だよ」と言ってもらえれば、もう十分。大成功です。

お客さんの望む、あるいはそれ以上の結果を出すこと。途中はどうあれ、結果オーライを出すことがお客さんのためになることだと思います。
もちろんプロセスの善し悪しを、自社内でチェックすることも大事ですけどね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です