会社の1事業部であった図書装備事業が無くなるのに伴い、専任で雇っていたパートさんに退社して頂くこととなりました。僕が入社する相当前からいてくれた方なので大変残念です。

60歳を過ぎていたので、もういつかは辞める時が来る…、と思ってはいたものの、協力会社との外的要因で急遽そうなってしまったのは大変申し訳なく思います。

しかし、人生のターニングポイントとか進む道って、自分の決断よりも外的な作用によって動かされる事が案外多いのかも知れません。

例えば2代目が会社を継ぐという話も、自分の積極的な意志よりも、周りがそういう雰囲気だからとか、親のためとか、なんとなくとか、そんな感じの2代目さん、結構いそうですよ。もちろん最終的には自分自身で決意して進まないとダメですけど。

そんな外的要因にさらされながらも、その流れに逆らわず、しなやかに生きて行けたら楽でしょうが、そう簡単には行かないものです。

辞めることになったパートさん、ウチでの仕事は無くなってしまいましたがまだまだ働ける方なので、どこか新しい勤め先でまた明るく働いて欲しいと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です