愛知県印刷工業組合の「経営革新委員会」に参加しました。僕は組合員ではありませんが、而立会のYさんが講演されるという事で特別参加させてもらいました。
テーマは「町工場から企業へ、日本一の零細企業」。Yさんの会社のこれまでとこれからを語って頂きました。

Yさんにとって大きかったのが、“人との出会い”でした。様々な団体に加入し勉強会に参加する中で、様々な方々と出会い、そこで気づき、そして実行する。町工場が企業となるための想いを、そうして進めているようです。

それにしても、今日参加されていた皆さん、ホント勉強熱心な方ばかり。年上の方ばかりですが、数年後自分が同じように人前で自分や自社について語れるかというと何とも怪しいものです。なんだかボケッとしてると、どんどん置いて行かれる、そんな感じがしました。
同世代の皆さ~ん!これは何も社長や後継者の人だから言える話ではなく、30代をボケッと過ごすと、本当に置いて行かれますよ!たぶん。

そんなリアルな危機感って、こうした会に出席してこそ得られるもの。
少しづつ、ほんの少しづつでも、成長して行きたいと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

小さくても一流” に対して4件のコメントがあります。

  1. 伝道Yさん より:

    Yさん?
    安永? 柳田? 山川? 山田!

  2. たきちゃん より:

    猥談も得意なYさんが正解だワイ。
    是非、他のYさんのお話も聴きたいところです。猥談を、じゃなく仕事の事とか。

  3. 伝道仕事人 より:

    仕事1本の人生です。
    ただし、人生を何本も持ってますが。

  4. たきちゃん より:

    そんな先輩を見習って僕も数本の人生を持ちたいです。遊び下手にならないよう気を付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です