24048167.gif最近、自分の中で「インターネットの可能性」を再確認しております。

自分が今の会社に入社した当時(1997年)はインターネットが流行りだした頃でした。印刷の事が全く分からなかった自分にとって、インターネットの事なら先輩社員より少しだけ知っていたので、それを仕事にからめようと考えていました。

会社のホームページを立ち上げ、そこから印刷の新規顧客を獲得したり、またプリンターで作るワインラベルのネット通販も始めました。全てが半分素人で手作り感丸出しでしたが、当時はそれでも一生懸命でした。

数年が経ち、ネットの更なる普及が進むにつれて、代わり映えしない自社のホームページは埋没して行きました。その当時、ネット受注のマイナス面を感じ始め、ネットに対してやる気が無くなっていました。既存のお客さんから普通の印刷仕事をもらう事が大事で、ネットはおまけ程度に思うようになりました。

ネットはどんどん進化していき、自分は停滞したまま。気がついたら流れから振り落とされていました。

そんなネットの可能性を見つめ直したのは最近のこと。
「自社の強みは何か?」を考えたとき、「まず自分は何を目指してこの仕事始めたんだっけ?」と考えました。ネットを活かした仕事の進め方に可能性を感じたことがそのきっかけだったはず。だったらもう一度、その可能性を検証してみたら?という思いに至りました。

なんとなく、ですが、いろいろ転換期に、入っている、そんな、感じです。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です