d90acae3.jpg設計士として独立した友人OSの事務所へ時々顔を出しています。成約した物件はまだありませんが、日々頑張っているようです。

先日こんな話を聞きました。
「設計の仕事で一番大事なのは、正確さとスピードだ」という考え。

お客さんから何か仕事の話があった場合、例えばマンションのプランを「鉛筆のラフでいいから2~3日で考えて」と言われたらCADで仕上げて翌日持っていくと言います。
それを見たお客さんは素早くしっかり描いてくれた事に感動し(或いは申し訳なく思い)、仮に今回の話がダメでも必ず次の話を持ってきてくれる、というのです。

彼は以前、「設計なんて誰がやっても大体同じだ」という“誤解されやすい”言葉を口にしてました。でも、その本意は「だからこそお客さんに感動して貰える正確さとスピードが大事なんだ」というものでした。

凝った意匠(デザイン)は後でいくらでも考えられる。まずは言われた事以上の正確さとスピードで提案する、設計においてお客さんを感動させるにはこれが大事みたい。

印刷屋であるウチにも通じる話です。
もちろん印刷屋はデザインの重要性が求められるシーンが多いのでマンション建築とは多少異なりますが、“お客さんを感動させる為に何をすべきか”を考えて仕事するのはとても大事な事です。

いろんなセミナーやら勉強会で“小手先のビジネス手法”を学ばずとも、友人OSには心にキチンとした理念があるんだなと感じて、多少嬉しくもなりました。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です