「会社の大小の違いとか関係なくさ、タッキーはいつまでもプレイヤーでいちゃいかん。人を雇って、指示を出す位置に行かないと!」
昨日飲みに行った時に而立会のYさんに言われました。

これまでにプレイヤー脱却を目指し、企画や制作の仕事を外部の人と一緒に動こうとした事は何度かありましたが、上手く進みませんでした。「結局自分でやった方がいいじゃん」というオチがほとんど。

「いや、外部じゃなく、内部に人を入れるの。こういう会社を一緒に作っていこう!という熱意に共感してくれる人を雇うのが大事だよ!」って。全くその通りだと思います。そうは言っても、僕の熱意が全然なのか、行動が伴ってませんでした。

そんな中、今日、新しい事業展開の為募集したアルバイト希望の人と面談しました。一時的なバイトの採用とは言え、ウチの今後の方向性を考える一つの機会です。熱意を持ってお話できた…かと思います。

身軽だ身軽だと行っておきながら、受注型の仕事にどこか安心し、新規のための努力を怠っていた事は否めません。少しづつでも行動を起こして進んでいかないとね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です