自分に訪れた耐え難い不幸や困難。でも他人から見たら、取るに足らない些細な事だということがあります。歯の治療などその身近な例です。

この前歯医者へ行ったのは、昔付けた義歯がグラついたためでした。そこでさらに新たな虫歯も発見。「次回から治療しますね~」と言われたものの次の予約は3週間待ち。その間長かったです。
ああついに僕もブリッジかインプラントか…、と落ち込む日々。奈落の底へ落とされそうな思いがよぎります。

で、今日がその予約の日。運命の宣告かと思いきや、ホイっ削って、ホイっと埋めて、ホイっと付けて、ハイ。おしまい。
「次回は歯のお掃除して終わりですよ~」だって。
すごくあっさりでした。奈落の底はとても浅かったようです。
自分の体は自分の世界そのものだから、何かあるととても心配になりますが、以外と思っているより大丈夫なもんなんですね。

人生を楽しむためには、“大いなる楽天家”になるのが大切なようで。ケガや病気に対する心持ちも、そうでありたいと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です