野村証券グループが本格的にネット証券に参入するらしいです。
誰でも気楽に株式取引出来るようにし、手数料も業界最安値を目指すとか。
最大手の参入によりネット証券業界は今後熾烈な体力勝負が始まるとの事です。

しかし。
株ってそんな気楽にやって良いものなんですかね。

長期スパンで投資先を応援するとか、経済の活性化に貢献するという気持ちがあるなら良いのですが、投資と投機の区別も無きまま、ただ儲かりそうだからと大金をつぎ込んだり、情報に踊らされる人々をみてると、何だかなあって感じです。

特にデイトレードで利ざやをかすり取っている連中は、ヤクザやゴロツキと同レベルな気がします。社会の仕組みを上手に利用していると言えばそうなのですが、職業として尊敬出来ませんよね。

投資って、一部の人間だけがやってるのが平和な気がします。でも時代は小学生にも株取引を教えようと言う流れ。その結果、国民みんなが誇大な利殖意識にとらわれてきそうで、イヤだなあ。お金は働いて頑張って稼ぐという風潮を取り戻してほしいです。その基盤が無いと、国がダメになると思います。

かく言う僕は株はやってません。投資信託はちょこっとやってます。
仕事は頑張ってます。でもまだ足りません。もっと頑張ります。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です