27616032.jpg大型プリンターが届きました。
これで今まで外注に出していた大判出力の一部が内製化出来ます。

最近はこの手の大判プリンターはとても安くなりました。A1タイプなら昔100万円を超えていたものが30万円にまでなりました。プリントショップではない一般企業が普通に買える金額です。

でも印刷のプロがこのプリンターを使う場合、複雑なグラフィックを綺麗にプリントするため「Post Script」というページ記述言語に対応させるソフトを追加で導入しなければいけません。
でもコレが高いんですね。ウチは10万円位の安いタイプのを買いましたが、100万円とか平気でする世界です。ぺらぺらのCD1枚のくせして(笑)。
加えて専用サーバーも必要なので、プリンター本体よりよっぽど重い負担となりますよ。

あとインクや専用紙も結構高いです。
家庭用プリンターや、TVゲーム機、携帯電話の分野でも言えることですが、「本体安いよ~」で買わせて、消耗品や使用料でお金を使わせ続け、がっぽり元を取るといいますね。
ここにも「仕組みを作った人の勝ち」理論が働いているようです。

それはさておき。
このプリンターも、ウチならでは使い方で面白く活用して行きたいと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です