あるカルチャー教室のチラシの仕事を受けました。
単色のカンタンな内容だし、自分は別の仕事があったので、制作の社員にゼロから作ってもらいました。

僕は営業と制作を兼ねているので、自分で受けて自分で作るというスタイルをとってます。
しかし今後はその役割をちゃんと分業していかないと、仕事量がこなせないし、会社も発展しません。ディレクターになるべきで、作業者でいてはいけないのです。

でも、いざ人が作ったデザインを見ると…、手を出したくなります。
「ここはこうして」「ここも、こう」「これは、この方が」「…」
「ええい、自分でやるわいっ!」
と、なってしまいます。そこは我慢。

今回のカルチャー教室のチラシも、今日お客さんから校正OKの返事を頂いたのですが、
「あ、ここ直した方が良いな」と思う箇所が出てきてしまいました。
作業費を考えたらこのまま印刷した方が安くできます。でも、より良いチラシにするならば、やはり直すべきでしょう。時間もあるし結局直すことに決めました。

納得のいく仕事をして、お客さんに満足してもらうのが一番。
儲けもそのうちついてくるでしょ~。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

手を出したい” に対して2件のコメントがあります。

  1. hena より:

    こんばんは、ブログの最新記事の方から侵入してきました。
    最近真面目に仕事について考えだしたところなので、勉強になる日記でした。頑張っていいダンボールハウスを作りたいと思います(仕事できてない)

  2. たきちゃん より:

    コメントありがとうございます。ダンボールハウスですか?僕の出身、中部大学建築学科の後輩にダンボールハウス研究の著作を出した人がいます。すごいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です