bd930695.jpg最近原稿用紙に文章を書くことが無くなりました。

文章を作るときは必ずパソコンを使います。
えんぴつと消しゴムで原稿用紙に向かい「う~んう~ん」考えるなんて高校以来無いでしょうか。
仕事でお客さんから原稿もらうときも、大体ワープロ打ちです。データ自体をもらえると助かります。

しかし、まだまだアナログな方は沢山います。お年をめした方など、原稿といえばやはり手書きの原稿用紙です。一部旧字・仮名遣いがあるくらいです。当然文字入力の手間がかかります。

そんなアナログな感じ、仕事としては大変ですが、残っていってもらいたいとも思います。
味のある字、クセのある字、いいじゃないですか。
筆文字なんか逆にカッコイイですよ。
デジタルの究極って実はアナログになることかも。

アナログ、大事にしたいですね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です