あるお客さんが、これからする仕事を値引きしろと言って来ました。

最初金額を提示して、この仕事はその性質上値引きはありませんと伝えました。
で、デザインの相談をし、校正を終え、これでOKとなった段階で、再度金額を下げろと言われました。

ぼく「値引きは、ごめんなさい」
お客さん「実はヨソからも見積取って、そっちが安いからね…」
ぼく「そこはいくらでしたか?」
お客さん「○○円を切ってた」
ぼく「それは無理です。」
お客さん「ウチも去年お願いしたところに出したいし…、で、いくらになります?」
ぼく「・・・・。」

年に1・2回だけの少額注文で、距離も遠いお客なので、ウチも続けるメリットはほとんどありません。
でもそこを紹介してくれた方の事もあり、むげに断れません。
結局少し値下げすることで了承しました。

仕事とは、お客さんがだけが偉いとか、業者が儲けるだけのモノとかではなく、お互いが満足いくよう関係でないといけません。
値引きの交渉も時に必要ですが、一方的な話をされたり、架空の値段でカマかけたり、天秤にかけられたりするのはいかがなものでしょうか。

僕にはまだ、お客を選ぶ事が出来ないです。これも経験値不足なんだと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です