d1201955.jpgJAZZ Style 2005 名古屋公演」に行って来ました。
実はわたくし、全くのジャズ初心者で、出演者も日野皓正の名前を聞いたことある程度だったんです。
でも、行ってよかった。とても楽しかったです。

ものすごいテクニックで奏でられる激しいナンバーから静かなメロディ、ボーカルやギターをフィーチャーしたもの、壮絶なタップ、そしてそれらのコラボレーション…。とても盛りだくさんでした。

新しい発見もありました。
日野さんがグランドピアノの中に向けてトランペットを鳴らすんです。するとピアノが(弦が?)共鳴して何とも言えない温かい響きが生まれました。シンセのウォームパッドを生楽器で表現した、否、これこそが本物の共鳴音だったのです。

ジャズ発祥の地ニューオリンズが今、未曾有の大水害で大変な事になっています。彼らは今回のコンサート終了時に出口に並んで募金を集めていました。僕も心ばかりの募金をさせて頂きました。で、みなさんと握手。日野さんは特に力強く握手してくれました(でもものすごい汗でした…)。

こんな機会をくれたOさん、Aさん、本当にありがとうございました。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です