たきちゃんの経営する株式会社龍巳堂では、この春に小規模事業者持続化補助金に申込み、事業の採択が決まりました。

やったー!

倉庫から動画スタジオへの改装で目指す地域の活性化と販路開拓

これが事業のテーマ。

名古屋市西区の営業本部1階は、現在作業場兼の倉庫なのですが、そこを動画スタジオとして改装します。

規模としては簡易的なミニスタジオですけどね。

もちろん、これまでも社内で動画撮影を行うことはありましたが、あくまで会議室だったり、倉庫だったりして常設のスタジオとは言えない環境でした。

今回の補助金は、改装費のうち最大50万円までの補助なので、大きな改装はもともと出来ません。

でもミニスタジオとして活用するきっかけになり、とてもワクワクしています。

(仮称)Aスタジオには謎の壁がある

倉庫スペースは2部屋分あります。

そのうち(仮称)Aスタジオは以前、他社に貸していたのですが、借主さんが作った謎の壁が部屋を分断しています。

うーん、意味があるのかこの壁…?

完全に部屋を分ける壁ではなく、中途半端に立ってるのが謎。壁というかパーティションですかね。

スタジオとして使おうとしても、コイツのせいでこぢんまりしてしまい、撮影空間を稼げません。望遠とか使えないのね。

(仮称)Bスタジオは汚い(^_^)

もうひとつの倉庫スペースは、25年前に増築した倉庫です。

内壁もなく、屋根も波板が貼ってあるだけなので、もはや半分外と同じ

半分外と同じ…。虫も出入り自由です(涙)

最近は雨漏りもしていて、紙を保存するのも出来ないからガラクタ置き場に等しくなってました。

今回、ここが大きな改装となります。

2つのミニスタジオ空間があれば、用途によって使い分けできたり、道具を置きっぱなしでも他の撮影に取り組めるメリットがあります。

その後が大事

今月から改装工事が始められますが、改装が終わってヤレヤレ…ではなく、そこからが大事。

いかにここをスタジオとして活用できるか。

この補助事業で、動画を活かした地域の活性化と販路開拓をしないといけないのでね!

出来てねーじゃん!と言われたら、最悪補助金返さないと行けないし(^_^;)

伸びしろのある動画を本格化

龍巳堂は、印刷、Web制作、動画制作がお仕事の会社です。

でもコロナ禍で印刷のお仕事は減って売上は減少。今回の補助金で賄えない持出分もバカになりません。

でもせっかくの機会。伸びシロのある動画部門を飛躍させるチャンスでもあります。

後ろ向きな考えでは無く、前向きにチャレンジしていきたいですね!!

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です