先日ヤフオクで落札したビデオカメラVG30ですが、ボティの作りとかEマウントレンズ対応とか、所有感はイイ感じなんですが、いろいろ問題がありました。

AVCHD形式でファイルが分割される

長回しの固定カメラ用途で購入したのですが、いざ長時間撮影してみると AVCHD形式 のMTSファイルが分割されてしまいます。

これはフォーマットの仕様上仕方がないのですが、AVCHD記録は2GBで分割というものらしいです。

長回しでもブチブチ切れるので、これを一つのファイルに結合しないと若干使いづらい。

これを解決するには、ソニーなら専用ソフトで取り込むか、Adobe Premireならメディアブラウザーから取り込みするなどして何とななりますが、これまでと若干ワークフローが異なってやりづらいです。

音ズレが厳しい

今回、最大の問題となったのが音がズレるということ。

Adobe Premire2020で編集する際、 VG30で撮影したMTSファイルを取り込むと、どのファイルも微妙に音と映像がズレています。

なので、よく使うMP4形式に変換できれば音ズレが解消できるかも?といろいろ試してみました。

Adobe Media Encoder2022があるので、プロ向けと考えたらMP4への変換はこれが一番良さそうかも?

Windows標準のフォトでMP4に変換するのが一番ベスト?

しかし!実際 Adobe Media Encoder で変換してみたものの、ズレは解消に至りませんでした。

更にいろいろ調べて、 MTS はコマンドプロンプトで結合でき、それを Windows標準のフォト でMP4に変換する方法を試したところ、音ズレがないMP4ファイルが完成しました!

ところが今度は Premire が激重に

ようやく音ズレの無いMP4ファイルになったのは良いですが、今度はそのファイルがなぜか激重。

容量はそこまでではないのに、挙動がものすごく遅いです。どうすれば良いのか…ベストアンサーが分かりません。

結局、 もとのMTSファイル をPremire上で手動で音ズレを補正することになりました。面倒くさい!

導入のメリットはトータルで見るべき

今回は安くEマウントのビデオカメラを入手できましたが、撮影時はともかく編集時に戸惑うことになりました。

古いフォーマットや普段と異なるワークフローのアイテムが入ることで、今回は編集作業が面倒になってしまいました。(解決方法が分かればよいのですが…)

撮影から、編集や完成に至るまでのトータルで見てメリットがあるかどうか。

使ってみるまでわからないことが多く、判断は難しいところですね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です