あるイベントの企画があり、その告知チラシを作ったのですが、その内容で問題が噴出しています。

企画の成り行き上仕方ない部分もありますが、マネジメント・実行委員会・企画者・制作者とも責任の所在があいまいで、見切り発車で印刷に踏み切ったのが問題でした。
「支給したデータのままで印刷して」との依頼通りに印刷したウチにも責任の一端はあると思います。誤字脱字はチェックしても企画や構成上の不備は気が付きませんでした。それを指摘するのがヨソの印刷屋には無いウチの強さだったのに。

これから善後策を考える訳ですが、もう一度今企画の組織図から組み立てないといけないのではないでしょうか。“船頭多くして船山に上る”と言いますが、逆に船頭が誰だか分からない状態というのも大いに問題があります。

…と、イチ業者の立場でありながら関係者の方にエラソーにコメントしてしまいました。ごめんなさい。でも、こういう時こそ“儲けは関係なく全力のお手伝い”を心がけたいと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です