名古屋而立会Project50委員会に出席しました。

来年50周年を迎える名古屋而立会。そこで開催する記念事業のテーマを検討しています。いろいろ話し合い「継承 ~会社、どうする?~」という硬軟織り交ぜたタイトルが仮案としてまとまりました。今後さらに推敲を重ねていく予定です。

経営者の2代目・3代目が集まる而立会。メンバーそれぞれが会社の継承という大きな使命を負っています。
ところで今日の話の中で“なぜ親の会社を継ぐのか?”という問いに対してこれまで気づかなかった解が出されました。
それは、「親をがっかりさせたくない、親にホメられたい」という心があるからだ、というもの。
そういえば、自分も小さい時から親に褒められたい一心でいろいろ頑張って来ました。
中小零細企業の2代目にとって会社を継ぐという行為の深層には、実はそんな単純な想いがあるような気がします。

委員会後はお好み焼きやで食事。而立会の話の他にAさんやYさんの恋愛話で盛り上がりました。
やはり仕事に熱い人は、恋愛にも熱い。そして濃い。独身の僕には理解し得ない深さを感じます。
そして…弱さを素直に出せる人っていいね。強さの独演会だと聞く方は滅入りますが、弱さのうち明け話は相手に対する信頼が増すって感じがします。

…。
もてる為には弱さを見せるか…。
でも普段強く見える人がふっと出す弱さは効果的だけど、いつも弱っちい人が弱さ見せてもダメでしょう。僕は普段が弱っちいからなあ。

とりあえず今の僕はもっと熱く頑張らなきゃいけないって事です。
仕事も恋愛も。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

どうする?” に対して2件のコメントがあります。

  1. Kazeto より:

    2代目は親のためってのはあるね。

  2. たきちゃん より:

    継ぐことは、親に対する感謝の気持ちか、楽したいだけなのか。
    今継ぐのは楽じゃないから、やはり感謝でしょう。
    義務もある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です