7a5401e0.jpg町の広報誌印刷の仕事をしていると「仕分け」という作業をしなくてはいけません。

これは各地区の組長さんへ広報誌を届けるために、事前に各地区の数量分だけ梱包するという作業です。
ウチは手作業でこれを行うので、毎月なかなかの重労働です。
ページ数が多いときは1冊も厚く重くなるし、広報同時配布のチラシや会報があるとそれも仕分けなくてはいけません。
パートのおばちゃんなども10年やっているので要領は得ているのですが、やはり大変です。

でもそれも今日が最後。今後「仕分け作業」は別の印刷会社が一括で行うようになり、ウチが受け持つことは無くなりました。
「大変だったけど、なくなっちゃうのはさみしいね。」
そんな言葉を残しておばちゃんは帰っていきました。

しかし。業態を変化させるには丁度良い機会なのかも知れません。
前向きに行こうね!

ところで、今日の中京TVプラスワンでニシバルカンの特集があったみたい。ビデオ、撮れてるかなあ?

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です