半年前から進めていた本の制作をする仕事がありました。

ただ、お客様が90歳近いご高齢で多少認知症の傾向があり、直接電話など頂いても意思疎通が出来ず困っておりました。

制作はかなりの時間をかけており、また一部手付け金も預かっているので、進めない訳にはいきません。

ただ、この頃はそれも限界と感じ、今までの制作コストはあきらめ、この仕事を辞めるかどうかのところまで来ておりました。

また、息子さんには内緒で作りたいと言われてたので、我慢して頑張ってきましたが、最後に、紹介者の方から息子さんに全ての話を伝えてもらいました。

その結果…せっかくなので仕事は進めること、そして今後は息子さんが間に入って話をして頂けることになりました。

大変ホッとしました。
このところあったモヤモヤ感が少し晴れた気がします(^^)

作っている本の内容と文章の推敲にはまだかなり時間がかかりそうですが、少しずつでも進めて行けそうな漢字になって良かったです。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です