55bdc071.jpgわが街キタナゴヤシティにも電子入札が導入されるということで、昨日説明会に出席しました。電子入札とは役所の仕事の見積をインターネットで行うというものです。

これ、なかなか大変そうですね。

業務の効率化と機会の拡大が、その目的なんでしょうが、導入初期はいろいろトラブルが起きそうな予感です。

例えば、最初の手続きがいろいろ面倒で、パソコン詳しくない小さなパパママ商店なんかだと、参加資格すら得られない感じ。これってデジタルデバイドってやつですか。

また、どの地域からでも入札に参加できる案件が増えると競争が激化し“安かろう悪かろう”な会社が勝つようになるでしょう。

例えば印刷物の場合、地元の事を何も知らない遠~くの業者が落札したとします。やって来た営業マンは印刷のことを何も知らない派遣社員又はパートさん(しかもルート営業のついでに寄る感じ)。意志疎通が図られないまま仕事は進み、仕様書だけはクリアした印刷物がかろうじて仕上がります。ワードアート風の素人デザインとか、見にくいレイアウトとかも仕様書に書いてないので問題なしといいますね。

大変だ。

とは言え、こうした改革の時の乗り切り方で会社の方向性を定めるのも良いかもしれません。
ついていけない業者は退場してもらい、強い(賢い?)業者が生き残る。
自ら、“そんなところを相手にしない”のもひとつの答えです。

いろいろ変わっていくのも面白いかも知れませんね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です