2007-03-18となり街で行われた市民吹奏楽団の定期演奏会に行きました。
小さめの会場にほぼ満席のお客さんが詰めかけ立ち見も出ていました。人気あるんですね。
演奏は素晴らしく、とても迫力があり、楽しむことが出来ました。(吹奏楽…なんですが、僕って結構パーカッションの迫力に心奪われたりしてます…)

その中で、ちょっと気になった事が。

ある曲の中頃、トランペット隊のある方がソロパートを吹き始めました。
ところが、どうも音のヌケが良くありません。伸びやかに行きたい箇所も、少しかすれ気味。
些細な失敗でした。曲はそんなこと気にすることなく続きます。そして大きな盛り上がりと共にその曲は終わりました。お客さんも“ちょっと上手くいかなかったソロ部分”なんて忘れてしまう演奏でした。

ところがそのソロを担当したトランペットの人、その後の様子が明らかにおかしいのです。大きく頭をもたげ、うなだれています。失敗したことが、よほどショックだったようで、まともに演奏することが出来ません。一人下を向くその姿は、ソロを失敗した事などよりも余計に観客の気を引いてしまいます。

最後の曲が終わりアンコールも済んで、皆が引き上げる中、ショックでうずくまるその方は他の団員に抱えられながら舞台袖に消えてゆきました。

その人にとって失敗は他人が思うよりも何十倍も大きな心の傷になったのでしょう。お察しします。しかし、もし失敗後も普通に振る舞えていたら、多分誰も気に止めることも無く「失敗しちゃった~」って笑って済ませる事だと思います。言い方は悪いですが“たかがあの程度”であんなに落ち込んでは、気を遣わせる周りの仲間がかわいそうです。

失敗やトラブルに見舞われたとき、どのような振る舞いを見せなければならないか。
僕も心が弱いのでエラソーに言えませんが、堂々とできる人間になりたいですね。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です