ebf6560c.gifとある市議会議員さん達が集まった会派の会報誌を作っています。

打ち合わせの席に同席し、いろんな議員さん達と顔を合わせる機会があったのですが、そこで気付いた点がありました。

議員さん同士って、意外と“タメぐち”で話をするんです。

下は30代、上は70歳くらいと、かなりの年齢差がありますし、一年生議員からベテランまで、経験の差もあるでしょう。でも皆さん、同世代どうしで話す感覚で会話してみえます。いばり口調の人(イヤミっぽくは無く、そういう性格でしょう)はいますが、逆に、へりくだった感じの人がいないのです。僕なら先輩には「どうも、どうも」という風になっちゃいそうですが。

やはり皆さん、多くの得票により議員になれたプライドがあるのでしょうか。はたまた遠慮する必要がないのでしょうか。そもそも控えめな性格の人は議員にはなれないのでしょうね。

議員さん同士、ヘンな力関係が無く、対等なポジションであるならば、それは良いことだと思います。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です