城北線に乗る

電車に乗りたい息子のため、"我が家から一番近い”電車である、「城北線」に乗りに行きました。

実は大学生のころ利用していた

この城北線、30年前に大学生のころの通学に、半年だけ利用していました。

北名古屋市(当時は師勝町)の自宅からJR勝川駅に行くため、城北線比良駅まで自転車で通ってました。

しかしなにぶん、本数が少ない城北線。

1時間に1~2本とかなので、乗り遅れると、1時間近く待たされることもザラでした。

城北線勝川駅とJR勝川駅との乗り継ぎが不便なのも問題。乗り継ぎの連絡通路が500m程ありとても長~いので、間に合うように走って乗り継ぐこともありました。

学校からの帰り、JR勝川駅で降りて城北線勝川駅まで、連絡通路をメッチャ走ってあと少しのところ、目前で電車が動きだして息をハーハーしながらガックリ項垂れたこともしばしば…。

こんな不便なら、自転車で行ったほうがイイやん…!となって、城北線をやめて自転車で勝川駅まで通うことにしました。

そんな(我が家からは)不便な城北線ですが、30年経っても営業しているのだから、利用者さんがそれなりにいるのかも?!

JRとの連絡通路。この距離が長いんだ

小田井駅…、映画のロケで使えそう

さあ、初城北線の子どもたち。

今日は会社(龍巳堂)の近くの小田井駅からの乗車です!

構造物としては大きな駅ですが…人がいない…。

店も無いし、看板もあまり無いし、無機質なコンクリートの空間が広がります。

映画の撮影などで使えそうな感じ。

乗り心地に味がある

そんな城北線ですが、久しぶりに乗ってみると楽しいですね。

まず、電車と言いながら、電気じゃない。ディーゼルカーらしいです。

電車っぽい乗り物なのにエンジン音をゴウゴウ言わしてるのだから不思議な感覚かも。

そして電車じゃないので電気を送る電線もなく、架線を支える柱もありません。

地上からかなり高い位置にある高架橋ですし、邪魔する柱が無いので見晴らしがとてもよい。

距離は3駅ぶんだけなので、実質10分ほどの乗車時間ですが、アトラクションとして考えてみたら楽しい乗り物かも。

夜景を楽しむ…なんてのもイイですね。

JR勝川駅に隣接するホテルで、ケーキセットを食べて帰りました。

投稿者プロフィール

たきちゃん
愛知県北名古屋市に住むたきちゃんの日常。

印刷・動画・Web制作の株式会社龍巳堂で社長をやっております(^_^)

仕事や趣味の他各種団体での活動などを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA